より多く社会に貢献するために   

 

 

 

ワイエイシイホールディングス株式会社     
代表取締役社長     
百 瀬 武 文     

 

 

 より多く社会に貢献するために

 

 

ワイエイシイホールディングス株式会社  
代表取締役社長  
百 瀬 武 文  

 

ワイエイシイは1973年の創業以来、お客様のニーズを的確に把握し、最新技術を盛り込みながら、お客様が必要とする装置を提供し続けてまいりました。 お陰様でハイテク関連を中心とした装置メーカーとして、高い評価をいただけるようになりました。

 

2016年度には、当社の目的使命と位置づけている「より多く社会に貢献する」を更に進めるため、長年に渡る私の経営経験から辿り着いた一つの答えを「究極の理念」として企業理念に追加し、2019年に新たに定めました。

  究極の理念 ~より多く社会に貢献するために~
1.社員の成長       3.全員経営?連携と競争
2.グループの成長     4.納税額の拡大

この「究極の理念」の実現に向かって、以下の4つの取組を進めております。
 

  1. ホールディングス体制の発足
    2017年4月より、傘下に17社を擁するホールディングス体制を発足いたしました。グループ内の連携と競争を促進し、将来に向かって更なる事業の拡大と、高収益体質の強化を進めてまいります。
  2. CCチャンピオンシップの開催
    10年後のビジョンの実現に向かって、グループ各社が業績の伸びを競う「CCチャンピオンシップ」を展開しております。各社の予算達成と、3つの企業文化(①連携と競争、②高収益体質、③全員経営)の定着化を図ります。
  3. 働き方改革
    「働き方改革」に取り組んでまいります。従来の仕組みを見直し、生産性の倍増を実現するとともに、業績の向上と労働時間の短縮を目指します。
  4. 全員経営
    全社員が意見を出し合い経営に参画する「全員経営」を推進しております。


ワイエイシイは今後も、現在大きな成果をあげているM&A戦略を引き続き推進するとともに、今まで培ってきた技術の発展に努め、10年後のビジョンに向かって持続的な成長を続けてまいります。

ワイエイシイホールディングス株式会社
代表取締役社長
百 瀬 武 文